生活

【在宅勤務】夫の食事作りが面倒くさい!→平日5日間のランチは宅食サービスにおまかせ!!

【在宅勤務】夫の食事作りが面倒くさい!→平日5日間のランチは宅食サービスにおまかせ!!

  • 在宅勤務で毎日夫がいる。。
  • 正直、ご飯の支度がめんどくさい。。

そんな悩みを解消します。

筆者は夫目線ですが、妻がいつも献立に困ってる姿を見ています。。

正直、夫の昼食の用意なんてめんどくさいですよね。

そんなときに使いたい【宅食サービス】をご紹介します。

【宅食サービス】が面倒くさい在宅夫の食事作りを解決!

【宅食サービス】が面倒くさい在宅夫の食事作りを解決!

在宅勤務で毎日夫が家にいると、困るのが昼食

普段はお弁当やお小遣いでやりくりしているご家庭でも、
在宅勤務中は夫の昼食作りしている奥様も多いのでは。

いつもは家にいない時間に、夫がいるのですから…

昼食の用意なんて正直、面倒…。

いなやん

ですよね…。

そんなときは【宅食サービス】を使うべし。

宅食サービスは、調理済みのご飯やおかずを自宅まで届けてくれるサービスのこと。

メニューも塩分、糖分やカロリーを考えて作られていて、自分で作るとつい偏りがちな栄養バランスもケアできますよ。

【宅食サービス】で在宅夫の食事作りをサボるメリット

【宅食サービス】で在宅夫の食事作りをサボるメリット

宅食サービスを使うメリット2つとデメリット1つを解説します。

宅食サービスのメリット①:バランスの良い食事がとれる

宅食サービスの多くでは、1食ごとではなく、1週間単位で申込します。

例えば5食セットだと、5通りの違うメニューが届きます。

  • 月曜日:さんまの塩焼き
  • 火曜日:コロッケ
  • 水曜日:鶏肉と野菜の煮物
  • 木曜日:ハンバーグ
  • 金曜日:野菜炒め

肉・魚・野菜のバランスが良い献立がすでにセットになっています!

届いたら温めるだけで、手軽に食べられる。忙しいあなたにもおすすめです。

宅食サービスのメリット②:食事・後片付けの時間が節約できる

これは大きなメリットです。

普段、夫の昼食作り&後片付けに合計40分かけているご家庭なら、

40分 × 5日 = 200分 = 3時間20分

の節約になるのです!!

この時間があれば、読書や買い物といった趣味にあてられますね。

時間は大事です。

宅食サービスのデメリット:お金がかかる

宅食サービスの唯一のデメリット、それはお金がかかることです。

だいたい1食600~700円かかります。

2019年に新生銀行が行った「2019 年サラリーマンのお小遣い調査」の結果では、会社員のランチ代平均は

男性会社員: 555 円

女性会社員: 581 円

となっています。正直なところ、宅食サービスは毎日のランチ代と比較して少し高めの設定となっています。(宅配コストもあるので理解できます)

ですが、このデメリットを差し引いても、

  • 栄養バランスの良い食事がとれる(しかも、おいしい)
  • 調理時間の時間の節約になる

ことを考えると、総合的に宅食サービスは【あり】な選択肢です。

在宅夫にピッタリのメニュー豊富な【宅食サービス】はこれだ!

在宅夫にピッタリのメニュー豊富な【宅食サービス】はこれだ!

面倒くさい、在宅勤務夫のための食事作りにふさわしい宅食サービスを2つご紹介します。

ランチはもちろん、ディナーにもオススメですよ。

便利な宅食サービス❶:わんまいる

1つ目は「わんまいる」。その特徴は・・・

  • 累計販売数量は160万食を突破
  • 日経DUAL食材宅配ランキングでは味・品質部門で1位を獲得

メニューの豊富さだけでなく、味でも高評価を獲得しているサービスです。

また、手料理で作ると真似できない、以下の特徴も。

  1. 食材は国産100%
  2. 合成保存料・合成着色料 不使用
  3. 1食(主菜1品 副菜2品)で平均400kcal以下、塩分3.5g以下
  4. 商品1品1品が個食包装
  5. 調理は湯せん又は流水解凍と簡単
  6. 1ヶ月に同じメニューはなく、メニューが豊富

1食700円弱から始められる、初回限定セットも用意されているので、在宅勤務が多い家庭の最強の味方です。

\味も品質も妥協しない!/
旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイト ≫

販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。

便利な宅食サービス❷:NOSH (ナッシュ)

2つ目は「ナッシュ」。その特徴は・・・

  1. 糖質量30g以下 塩分量2.5g以下
  2. 1週間に最低2品目の新メニューを投入
  3. 42品目以上のプレート
  4. 料理ジャンル×食材ごとの各品目数は均等
  5. 料理ジャンル毎に専属のシェフを採用

わんまいるとの違いは、「低糖質メニューにも力を入れている」「品目数を揃えているので毎日満足感が高い」点になります。

さらに、「専属シェフ」の導入も画期的ですね。各ジャンルのプロが作っている料理が1食568円(税抜)から楽しめるなんて、お得感満載です。

あと、サイトに載っている料理の写真がどれもおいしそうで、ついついおなかが鳴ってしまします…。

\糖質制限プログラムで健康に!/
NOSH公式サイト ≫

まとめ|【宅食サービス】で面倒くさい在宅夫の食事作りの手間を解消しよう!

まとめ|【宅食サービス】で面倒くさい在宅夫の食事作りの手間を解消しよう!

今回は【宅食サービス】についてご紹介しました。

宅食サービスを活用すると…

  • バランスの良い食事がとれる
  • おいしい食事が簡単にとれる
  • 自由な時間を創出できる

手軽にこれらのメリットが受けられます。

まだまだ続く在宅勤務の期間中に、ぜひ活用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければTwitterのフォローもお願いします!

「生活」カテゴリの他記事はこちらから!
こちらの記事もおすすめ!